【現役中学生】日本の学校とアメリカ(ハワイ)の学校の違いと好き嫌い

学校生活

どうも Lio です。
ご覧いただきありがとうございます。

Lio
Lio

日本からアメリカに引っ越してきて1年半ほど経ちました。

日本ではひとつの小学校へ6年間行き、アメリカではハワイ州のハワイ島で1年間、現在はオアフ島の学校へ通っています。

特にハワイ島での最初の学校では慣れないことばかりで、自分でもよく頑張ったと思います。

今回は、そんな僕が気になった日本とアメリカの学校の違いについてお話します。

アメリカというよりも、ハワイの僕の学校だけということもあるかもしれませんが、参考までに読んでみてください。

スポンサーリンク

日本の学校との基本的な違い

まずは基本的な違いで戸惑うことが多いです。

中学生は学校それぞれ、高校生は4年間

前の学校では7-8年生、今の学校は6-8年生が中学です。
僕は今8年生で日本の中学2年ですが、1年後は高校生になって4年間行きます。

自分の教室がない

日本のように6年2組など自分専用の机が置いてある教室、ホームルームがありません。
一応、担任の先生というのはいますが、朝しか会いません。

給食当番や委員会、掃除当番などの仕事がない

教室がないので、ランチはカフェテリアで。
1年に一度くらいのお手伝いとしてやることもありますが、さぼる人も多くて食事を配られるのをもらうだけ。
掃除は何人かのおじさんやおばさんがしてくれています。

授業時間や下校時間は学校によって違う

一つの授業時間が75分授業のところもあれば46分のところもあったり、金曜が半日で終わったり。
ちなみに僕の今の学校の時間割がこんな感じです。

授業の間は3分のみ!

先生の教室に生徒が移動して授業を受ける

授業と次の授業の間に学校中を民族大移動。
今の学校では歩道橋を渡る教室があるので、3分で移動するのはハードすぎます。

必須科目はレベル別で分けられる

例えば、数学。その学年の基本的なものがわかっていると代数専門のクラスに振り分けられます。
教科によって違うので、いつも同じメンバーと勉強するわけではありません。

選択科目の授業がある

3Dプリンター、コーディング、バンド、演劇、スイミング、バレーボール、クラフトなど。
僕は3Dプリンター、コーディング、スイミング、バレーボールを取りました。

コーディングではプログラミングを学ぶためのゲームをひたすらやったり、3Dプリンターでは、好きなアニメの豚のキャラを作りました。

何かわかりますか?

計算は計算機を使う

授業では計算機を使います。暗算やひっ算を使って計算することがほとんどありません。
かけ算九九を覚えられる日本語で育って、本当によかったと思います。

Lio
Lio

こうしてみると本当に違うことばかりだよね。

スロウ
スロウ

そりゃ慣れるまで大変なのは当然なことだ。

スポンサーリンク

服装や持ち物の違い

制服はTシャツのみ

プライベートスクール(私立校)では制服があったりしますが、公立校はスクールTシャツだけです。
ハワイは年中暑いからかもしれないけど。ちなみにサンダルで来ている人もいます。

教科書は持ち帰らない

日本のように自分専用の教科書がないので持ち帰りません。
カバンが重くないのは楽です。

消しゴム単体は使わない

消しゴムが頭についている鉛筆を指定されるので、みんな単体では持っていません。
僕はmono消しゴムが好きだから持っているけど、ハワイ島の学校では消しゴムを使って怒られました。

下敷きは存在しない

アメリカでは字をきれいに書く習慣がないみたいで、下敷きというものがありません。
僕は絶対に下敷きを使いたいので、母の友達がハワイに来るときに日本から持ってきてもらいます。

絵具などの道具系はみんなで共有

道具は基本的に学校にあるものを使います。
日本の学校ではたくさん買ったけど、全然使わなかったような。

スロウ
スロウ

おいら消しゴムと下敷きは使いたいな…

Lio
Lio

使っていると不思議そうな顔で見られるよ。

スポンサーリンク

日本とアメリカの学校どっちが好き?

ではここで、日本とアメリカの学校の好きなところをあげてみます。

完全に個人的な意見です。

日本の学校のココが良い!

自分の教室、担任の先生がいる

家以外の自分の大事な居場所、いつもの顔を見るのは落ちつく!

部活や当番、委員会などがある

やりがい、達成感、責任感を感じられるのが嬉しい!

黒板を使った授業

先生の一生懸命さが伝わって、やる気が出る!

体育の授業や昼休みで運動できる

みんなとドッヂボールしたりストレス発散になる!

アメリカの学校のココが良い!

お菓子を食べられる

学校に持ってきても怒られるどころか先生と一緒に食べる!

得意分野を伸ばしやすい

上のレベルに行くと勉強のやりがいがあるし、楽しい!

人の目を気にしなくてよい

色んな人がいるので自分なりに頑張れるし、ピンクの靴を履いていても変に思われなくて楽!

ハワイらしい授業がある

特にハワイ島ではハワイ語や歴史、自然の授業が面白かった!

スロウ
スロウ

で、Lioはどっちの学校がいいのだ?

Lio
Lio

うーん、どっちも好きだよ。

スポンサーリンク

まとめ

どうでしたか? 日本とアメリカの学校では、同じところを探すのが難しいほど全く違います。

日本にいた時には考えられないことがあったりしますが、それはそれで楽しめるようになりました。

今は、他の国の学校のことも知りたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 中学生日記ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました